クレイペイント DIY方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれば便利ですが、必ず「これ」でなければならないというものではありません。

①「クレイペイント」を小分けします

②ローラーバケットのカートリッジです

③主に、「すみっこ」を塗る時に使います

④平面を塗る時に使います

⑤ローラーを取り付けて使います

⑥高いころを塗る時にローラーハンドルにつけて使います

⑦養生をする時に使います

⑧養生をする時に使います

⑨マスカーなどを切る時に使います(慣れるまでは、はさみが便利です)

⑩「クレイペイント」を塗る時に使います

⑪道具を並べて置く時に使います

⑫洋服が汚れないように着ます(使い捨てタイプです)

⑬「クレイペイント」を小分けする時に使います

⑭「クレイペイント」をかき混ぜる時に使います

⑮「クレイペイント」に入ったゴミをすくう時に使います

⑯高いところの養生などをする時に使います

⑰汚れた時に使います

⑱床を養生したり、汚れたものを置く時につかいます

 

※上記の道具はすべて「ホームセンター」で販売されています。 (13)~(15)は「100円」ショップで売っているものです。

 

 

  • 塗る部分をはっきり決めて、その部分はもちろん、ハケやローラーを塗るだけの作業スペースをあけましょう。

  • 家具などもこのときに、しっかり移動させましょう。

作業を始めてから物を移動するのは、思いのほか大変です。はじめのうちに、出来るだけひろ~いスペースをとりましょう。

 

 

 

  • 塗るところと、塗らないところを分ける作業です。

  • “(7)マスキングテープ”で窓枠や扉枠、床との境などを養生しましょう。

  • 次にマスキングテープではできない、塗らない、広い部分を“(8)マスカー”で養生しましょう。 窓ガラスや、塗らない扉など。この時、マスキングテープの上にマスカーのテープ部分に重ねて張りましょう。

  • 床には“(18)古新聞”をひきつめて、汚れ防止をしましょう。

  • 使うものは、全部“(11)トントンシート”の上に集めて並べましょう。万が一汚れた時、黒なのでひと目で分かります。水などをこぼしたとしても、下に染み出たりしません。

“養生命(ようじょういのち)”です。慣れるまでは、難しいと感じるかもしれませんが、この作業の良し悪しで、仕上がりに大きな差がつきます。この養生の作業が終われば、後は塗るだけです。

  •  

 

 

  • 塗料をよく混ぜましょう。とにかく、たくさん混ぜましょう。

  • まず、フタを開ける前に、容器ごとゆすりましょう。10L缶の場合は、大変重たいので、容器を横に倒し、「ゆっくりと」ゴロゴロ揺らすとラクです。

  • 手が汚れる前に、“(10)軍手”をしましょう。知らない間に、ついてしまうものです。

  • 床には“(18)古新聞”をひきつめて、汚れ防止をしましょう。

  • フタを開けたら、“(14)フライ返し”などで、底からしっかり混ぜましょう。トロトロになるまで混ぜてください。(おいしそうに見えたらOKですよ。)

  • この時、ゴミや、塗料の固まりが入ったら、“(15)あく取り”ですくって取ってください。

  • 混ざった「クレイペイント」を“(2)カートリッジ”をセットした“(1)ローラーバケット”に適量移しましょう。この時“(13)計量カップ”を使って、取り分けると難しくありません。

  • 水は5%まで、入れて延ばすことができます。が、必ず入れることをおススメするものではありません。延ばさず、そのまま使うことが、いい時もたくさんあります。

塗料があまった場合、そのまましばらく保存できますが、もともとの缶の中に、直接水を入れたり、ハケやローラーなどを入れたりしないでください。入れると、自然の物なので、すぐに腐ってしまいます。

  •  

 

 

  • ローラーだけでは、「すみっこ」までペンキが入らない場所に、先に“(3)ハケ”でぬっておきましょう。

  • この時は、“(16)脚立”が必要な場合が出てくるでしょう。怪我のないよう、スリッパやかかとのない履物などを履いたまま、上がらないようにしましょう。

 

 

  • “(5)ローラーハンドル”に”ローラー”をセットしたもので、塗っていきましょう。この時、高い場所は、“(6)つぎ柄”を“(5)ローラーハンドル”のおしりにつけて、なるべく脚立に乗らなくてもいいようにしましょう。

  • 1 回目は、多少ムラがあっても大丈夫です。全体的に塗料が塗れていればいいので、気にし過ぎにご注意です。

  •  

 

 

  • ひと通り塗れたら、乾燥させましょう。乾き始めると色が変わっていくのが分かるでしょう。目安は2時間程度です。

 

 

  • 1回目と方法は同じですが、仕上がりの意識を持って塗りましょう。

 

 

  • これも1回目と塗り方は同じですが、今度はこれで仕上げですから、丁寧に塗りましょう。ローラーも同じ方向に動かして塗り仕上げましょう。

 

 

  • 全部塗り終わった、「クレイペイント」が乾かないうちに静に、ハシから養生をめくっていきましょう。この時、仕上がりをチェックしながら、めくりましょう。まだ、「クレイペイント」は乾いていませんので、はがし.た養生が、仕上げたところについたりしないように注意しましょう。

「クレイペイント」が乾いてしまったら、どうなるのでしょう?その答えは、養生が、キレイにめくれなくなります。なので、「乾かないうちにはずす」です。ご注意くださいね。

  •  

 

 

  • しっかり乾燥するまでは、触らないようにしましょう。家具もぴったりくっつけないようにしましょう。

  • 完全乾燥までは、12時間程度かかります。じっくり、しっかり乾かしましょう。

乾かないうちに家具等を近づけると、カビが生える原因になります。

 

 

  • 使った道具はすべて水洗いが出来ます。しっかり洗い、「クレイペイント」をおとしたら、乾かしてください。ローラーやハケは消耗品です。使う程度により、次に使えない場合もあります。

  •  

 

 

これで、完了です。出来具合は、いかがですか?ポイントさえ抑えれば、思うより、気軽にできあがったのではありませんか?
あなたの感想を、よろしければ是非、お知らせください。

 

 

  • 安全な塗料ではありますが、食べたり、飲んだり、体に塗ったりしないで下さい。人にも動物たちにも。

  • 「クレイペイント」の入っている容器は、プラスチックですので、強い力でたたいたり、投げたりしないでください。破損する場合があります。

  • 養生をめくったあとのゴミになった養生材や、「クレイペイント」の容器などのゴミは、各自治体で決められた、ゴミ分別方法に従って、処理して下さい。

①バケット

②カートリッジ

③ハケ

④ローラー

⑤ローラーハンドル

⑥ハンドル用つぎ柄

⑦マスキングテープ

⑧マスカーテープ

⑨カッター

⑩軍手

⑪養生シート

⑫不織布つなぎ

⑬計量カップ

⑭フライ返し

⑮アク取り

⑯脚立

⑰雑巾

⑱古新聞等

© 2023 by ​kazenotanikoubou  with Wix.com

  • Twitter Clean
  • w-facebook
  • w-googleplus